古本を売るならどこがいい?出張買取が簡単でおすすめ!

かつて実家に住んでいた頃、私は数え切れないくらいの古本を持っていました。
実家にならいくらでも置く場所があるからなのですが、やんごとなき事情で実家を出て一人暮らしをしなければならなくなり、新居に持っていくにはあまりにも量が多すぎた為、やむなく何百冊も処分する事になりました。

ただ捨てるだけでは勿体無いので、折角なら売ることで幾らかでもお金に変えようと、紙袋いっぱいに詰めて、古書店に売りに行ったのですが、紙というものは非常に重く、ただでさえ持つのが辛いのに、途中紙袋が重みに耐えきれず破れて散らばったりと、ただ車で古書店に持っていくだけなのに、とても苦労しました。

売る予定の本は、まだ数百冊単位であったのですが、今度はもっと丈夫な紙袋用意して、車まで運んでと考えると少々億劫になってしまいました。
そんな時に見つけたのが、出張買取でした。

20冊以上の本を売るなら、自宅まで買取に来てくれるというサービスです。
まさにその時の私には必要なサービスを、運良く見つけたのです。

これなら紙袋も必要なく、ただ玄関に売りたい作品を山積みにしておくだけで、あとは店員さんにおまかせして見積もってもらうだけで、本を売ることができます。

早速来てもらい、全部引き取ってもらいました。
お値段はそれほど高くはありませんでしたが、捨てるよりはずっといいと思います。

参考:本を売るならどこがいい?ネット古本買取店とブックオフの比較!

本を売るならどこがいい?宅配買取?出張買取?

宅配と出張の違いはその買取の方法です。
宅配買取とは自宅から売る本を店に送り、査定してもらい、その後に金額を見て買取の可否を決めます。

出張買取は店から査定員が家にきて、その場で査定してもらい、その後に金額を見て買取の可否を決めます。
宅配と出張にはそれぞれメリット、デメリットがあります。

宅配のメリットは、売る本を送るので量が多かったとしても大丈夫なところです。
デメリットは、送る必要があるので梱包しなければならないところと、査定と振込までに時間がかかり、買取をしてもらわなかった場合、返送代がかかる場合があります。

出張のメリットは、自宅まで来てもらえるので、売る本を梱包する必要はなく、さらに追加で査定してもらうこともできます。
査定員と直接話せるので値段交渉も可能です。
デメリットは査定員の方とコミュニケーションを取らなければならないところです。

以上を踏まえて、私は出張をオススメします。
値段交渉ができるので普段よりも少し高く買い取ってもらえるかもしれないところが一番の魅力です。

本を売るなら、おすすめの店はブックオフです。
理由は店舗数が多く、申し込みが簡単にできるところです。
しかし、50点以上が必要なので注意してください。

本を売るならどこがいい?ブックオフが早い!

本をなんとかしたいと思った時、どこで売ろうかと思うことがあります。
まさかそのまま捨てるなんてことは、全く考えられません。
なんでもリサイクルをすることがたいせつですね。
そうなると、やっぱり本を売るなら買取店が一番です。

そこで、いろいろなところがある中で一番おすすめしたいのはなんといってもブックオフです。
ブックオフの場合は、全国にあるので自分の住んでいる地域でももちろんあります。

そのため、近所であるということです。
直ぐにいける範囲にあるのは、とても便利ですね。

売りたいと思ったときに、その気持ちのまま本を売ることができます。
片付けている時に、その日のうちに片付けることができるということです。

それは1番楽なことですね。
その時に、一気に済ますことが出来るのが1番いいのではないでしょうか。

また、ブックオフの場合はなんといってもその場所で買取してもらえるメリットがあります。
そのため、現金収入を得ることができるということです。
忘れた頃に売れるよりも、ずっといいと感じます。

自分が本を売る気持ちになっている時に、直ぐに売れる、片付けれるのはとてもいいです。
そのほうが、気持ちをスッキリとさせることができます。
早く片付けることができます。