四谷三丁目の「香港麺 新記」は定期的に行きたくなる店

四谷三丁目の交差点にある「香港麺 新記」は、美味しくてリーズナブルで、何を頼んでも美味しいのでお気に入りの店です。

店名:香港麺 新記
住所:東京都新宿区四谷三丁目8番 四谷三丁目中央ビル 2F
電話:03-6380-023

私が行ったことがあるのはディナータイムだけですが、新記は夜でもお得な価格です。
新記で一番おすすめしたいのは、店名にもなっている「香港麺」。

麺のメニューはたくさんあるのですが、だいたい「香港麺」と「日本麺」から選べます。
香港麺は腰のある極細の麺、日本麺は玉子の細麺です。

新記に行ったら、せっかくだから香港麺を選んでほしいですね。
極細なのにしっかりしていて、スープや具と絡めたときの食感が良いんです。

女性におすすめなのは、「曇呑麺(エビ入りワンタン麺)」プリプリっとしたワンタンと、麺、白濁スープがたまりません。
見た目もきれいです。

麺以外にも、野菜と貝類の炒めもの、豚の角煮、鶏肉の蒸し物、豚の甘黒酢炒め、海鮮粥、腸詰め、餃子など、新記のメニューはいろいろ。
大勢で行って取り分けると、わいわいといろんな味が楽しめてよいですね。

新記の価格は、麺が800円~1000円前後で、2、3人で分けてもいいので、リーズナブル。お酒を飲んでも、1人だいたい2800円~4000円、食事だけなら2000円くらいで収まる時もありました。

店員さんは、必要以上のサービスはないけれど、手早く対応してくれるし、イヤな思いをしたことはありません。
新記は、思い出すとまた行きたくなる、しばらく行かないと無性に行きたくなるおすすめのお店です。