一番安い自動車保険を一括見積もりで探す方法!

自動車保険の満期が近づいてくると、複数の会社で一括見積りができるサイトからメールがきます。
そのサイトに登録しているので、、一年毎に一括見積りをお願いしています。
見積もりをお願いすると、どこの損保会社もロードサービスや保証内容にさほど差は無いので、やはり見積り金額が一番安い所を選んでいます。

今までは、比較的料金が安く、一括払いではなく月々の分割払いができる保社にお願いしていました。
でも今回は、金額が一番安い自動車保険に切り替えることにしました。
ネットの口コミや評判も良く、保証内容も前と変わりません。
他の会社より年間1万円以上も安い見積り金額でした。

私はゴールド免許で、古めのマーチに乗っていて、日常・レジャーに車を使用するのですが、それで大体2万円位で済みました。
車両保険はつけていないですが、その他の補償は一般的な金額をつけています。
可もなく不可もないプランでしょうか。

他の会社の見積りは3万円台後半が多かったので、とてもお得に契約できたと思います。
やはり相見積もりだと、お得です。
自分で一社ずつ会社に見積もりをお願いして探すのは大変ですが。

しかし、今はネットで複数の会社に一括見積りをしてくれる便利なサービスがあるので、利用するのも手だと思います。
時期によっては、自動車保険の見積もりをお願いするだけで図書カードや商品券がもらえるキャンペーンをしていることがあるのも魅了的です。
通販型(ダイレクト販売)が登場して、しばらく経ちますが、随分経済的になったと思います。

参考サイト:安い自動車保険はどこ?

一番安い自動車保険を一括見積もりで比較

自動車保険は掛金が一番低い所がいいと思っていませんか?
確かに掛金の安い自動車保険は毎月の負担が少なくなりますから、一軒魅力的に思えます。

しかし、ただ掛金が安いだけで補償内容が伴っていないような契約内容では、加入する意味がありません。
どんなに掛金が安くなったとしても、いざという時に頼りにならない保険では掛金を払うだけ無駄です。
掛金の安さは大きな魅力ですが、補償内容やサービスとバランスが取れているかをチェックしてから加入することが重要になります。

補償内容をチェックする時は、補償が適用される範囲と限度額に注目しましょう。
補償内容は各社とも共通する部分が多く、チェックがおろそかになりがちです。

しかしながら補償内容が全く同一というわけではなく、会社によって補償内容は異なります。
少しの違いだからといってチェックをいい加減にしてしまうと、いざ補償を請求しようと考えたときに使えない、ということもあり得ます。

例えば、運転する自動車を限定するタイプの契約に加入していると、他の自動車を運転しているときの事故には保険が適用されませんし、同乗者のけがに対する補償も限度額や対象範囲は異なります。
事故にあってから後悔しても手遅れになりますから、安い自動車保険だからといって安易に契約することは避け、補償内容をしっかりと確認してから契約書にサインをしてください。

新規でも一番安い自動車保険はチューリッヒ?!

我が家では車を一台所有しているのですが、来月で自動車保険の期限が切れます。
今のところ、更新というかたちで新規で加入した会社で継続しようと考えています。
しかし最近になって他の会社も一度検討してみようかと思い始めました。

と言いますのも、私は基本的にテレビよりもよくラジオを聴いて、時事ネタなどの情報を取り入れているのですが、そのラジオの合間合間で流れるCMで、チューリッヒ自動車保険についてのCMがよく流れます。
CMの内容と致しましては「保険会社によって数万円の差が出る。」そして「チューリッヒは一番安い」といったものです。

自動車保険というのは大事ですし、決して安いものではありません。
なのでチューリッヒに見積もり申し込んで、今の損保会社よりも安価であれば、それは家計的に助かることは間違いありません。

ですので、今の会社で保険の更新をしてしまう前に、一度試しに査定依頼を考えたのです。
しかも最初の情報入力に関しては、パソコンからササッと出来てしまいますので、忙しい私にはより助かります。
実際にはまだ申し込んでいませんが、更新の期限も考え、早めの今日か明日には試してみたと思います。

因みにですが、私は長いこと加入していますが、未だに車の保険料というものの相場が分かっていません。
正直私には難しいからです。
まぁ、そんな感じで私が考えている一番安い自動車保険チューリッヒに関するお話でした。

一番安い自動車保険!SBI損保が選ばれる3つの理由

理由1.SBIは一番安い自動車保険!

「SBI損保」はネット通販型であるため、お申込みから契約までの手続きがすべてネットで出来るので、わざわざ代理店などリアルな店舗に行く必要がありません。

リアルな店舗を持たないため、人件費などのコストが削減しやすく、安い保険料にすることができるのです。
自社アンケートでは、98%の利用者が料金に納得していることが明らかになっています。

理由2.SBI自動車保険はロードサービスが凄い!

2つ目の理由は「充実のロードサービス」です。
契約した車が事故や故障などのトラブルが起きた際、SBI損保では全国約3680カ所(2018年6月末時点)にある豊富なロードサービス拠点から素早く現場に駆け付けてきてくれます。

主なロードサービス内容は距離無制限の「無料レッカーサービス」、現場で復旧可能な作業を30分まで無料でおこなってくれる「緊急対応サービス」、トラブルが起きた現地からの「帰宅や宿泊費用のサポート」などです。

理由3.SBI自動車保険は事故対応が凄い!

3つ目の理由は「事故時の迅速な24時間対応」です。
まず事故受付は「24時間365日対応」で休日でもできるだけ早く報告を済ませられます。

初期対応においては、平日は19:00まで、土日祝日は17:00までに受付が完了した事故については当日中に対応をしてもらえます。

このとき24時間の「ロードサービス」に加え、事故の相手方や病院への連絡、代車の手配などの対応をしてもらえます。

その後の事故対応(示談交渉)は平日の9:00~17:00において経験豊富なプロの専任スタッフが対応してくれます。

以上が「一番安い自動車保険!SBI損保が選べれる3つの理由」でした。