六厘舎、東京駅で満喫できる人気つけ麺屋

店名:六厘舎
住所:東京都千代田区丸の内1-9-1 東京駅一番街B1F キッチンストリート内
電話:03-3286-0166

六厘舎は、人気のラーメン屋さん・・・というよりつけ麺屋さん。
いつも行列ができていて、とても有名なお店なんです。

以前大崎にあった六厘舎は、行列ができすぎて近隣の迷惑になり、閉店に追い込まれたというのは有名な話です。

こちらは東京駅一番街のキッチンストリートという好立地、行列はできているけれど大崎ほどではなく回転率が早いため、30分程度の待ち時間で入店出来ることも多く、移動の途中や電車の待ち時間などに立ち寄れるのもとても便利です。

床に待ち時間が記載されているので、それを目安になるのも便利ですね。
券売機で発券してからいざ入店です。

六厘舎の麺は太め。
ちょっと細めのうどんぐらいあります。
こしもすごくあってこれが食べ応えがあり、スープにもよく絡んでうまいんですよね。

肝心のスープは魚介系。
とろみがあって背脂かなにか入っているのかな?
こってりだけどあっさりで美味しかったです。
六厘舎は、さすが名店と称されるだけあります。

つけ麺は数種類あり、すべて1000円前後。
東京のラーメンの高さには驚かされるけどここのは本当に美味しかったから満足です。

なにやら7時30分から9時30分ぐらいまでの時間帯には朝ラーならぬ朝つけ麺もあるのだそう。
普通のつけ麺とも少し違うんですって!
いつかいただいてみたいなあ〜。

六厘舎は、お土産用のつけ麺も販売していました。
遠方の方へのお土産にも良さそうですね。