まちのパーラー、小竹向原にある孤高のグルメで紹介されたベーカリーカフェ

店名:まちのパーラー
住所:東京都練馬区小竹町2丁目40-4
電話:03-6312-1333

小竹向原という駅名をしっていても、降りてみたことがあるという人は少なくないかもしれない。
西武池袋線と副都心線・有楽町線直通の途中にある駅のため、駅名だけ見たことがあるという人もいるかもしれない。

知っている人も、知らない人も一度小竹向原駅に降り立ってみてほしい。
5分ほど歩いてみると、そこには「まちのパーラー」がある。

「まちのパーラー」はサルシッチャ(ソーセージ)やラテの美味しいベーカリーカフェ。
「孤高のグルメ」という番組でも紹介されていて、じわじわ人気がある。

しかしまちのパーラーの周りには住宅街があり、店名通りの「町の」感がいい。
そんなベーカリーカフェは「まちの保育園」と併設されていて、昔にもこんな保育園があったらなと思わざる得ない。

カフェはというと、中はそんなに広くなく6・7卓ほどだ。
7時半からモーニングがやっていて、まちのパーラーのモーニングをお目当てに並ぶこともちらほら。
モーニングが終わるカフェタイムには甘いパンやタルトが人気。

夜には生ハムやワインを注文する人がちらほら。
内容・雰囲気はもちろん文句なしなのだが、時間帯によってお目当てのものが変わるのがとても良い。

「次は夜行きたい」「モーニング食べてみたい」「今日は持ち帰り」と何度だって足を運びたくなっちゃうのだ。
「まちのパーラー」で色んな時間を過ごしたい。