カードローンで借金地獄になった20代女子の体験談

20歳を過ぎたらすぐに、脱毛をする為にエステに通うことを10代のころから心に決めていました。
貯金もなかったので、コースの脱毛を受けるには自分名義のクレジットカードを作るしかありませんでした。

コースの脱毛は30万円ほどだったと思います。
エステで専用のクレジットが組めるとのことで、緊張しながら初めてのカードを作ったことを覚えています。

エステでローンを組んだこの時から私の借金地獄生活が始まりました。

最初の30万円のコースに加え、通うたびに勧められる他の美顔のコースも受けることになり、迷わずカードローンを組むことになりました。
その後もそこのエステのオリジナルの化粧品を買ったり、最後には高額の美顔器まで購入することになりました。

仕事はしていたものの、すぐに支払えるほどの現金は手元になく、カードで支払えば問題ないと思いあまり悩むことなくその都度ローンを組んで支払いをしていました。
エステでローンをすでに沢山組みながらも、好きな洋服や化粧品など欲しいものがあればすぐにカードで支払い、という生活が何年も続きました。

そんな生活を続けうちに、とうとう自分の収入よりカードの支払いの方が多いという最悪の事態が起きる時が来てしまいました。
最初に作ったカードに加え、その他に2枚ほどカードを作っており、カードローン返済のために他のカードでキャッシングをして返済をするという最悪の借金地獄になっていました。

参考:カードローン 借金地獄

後先考えずに無計画にカードを使っていたので、起きて当たり前のことでした。
気づいた時に後悔してももう遅く、23歳後半の時点で300万円ほどの借金ができてしまいました。

親にも誰にも相談できず、昼の仕事をしながら夜も仕事を加えて借金を返すことを決めました。
なんとか頑張って28歳くらいまでにはカードローンの借金地獄から脱出することができました。

名目はカードローンとキャッシングにはなりますが、最終的にはカードでカードローンの返済をするまでになっていたので、借金地獄になっていたことは間違いありません。
今20代で借金地獄で苦しんでいる方、もし家族に相談出来たらまず勇気をだして相談してみてください。解決できる方法を一緒に考えてくれるはずです。

無料で相談できる法律事務所も今の時代は沢山あります。
今より借金が増えないよう、また街金融などで借りたりする前に、一度勇気をだして信用できる誰かに相談してみてください。