住宅ローンが払えない場合の対処方法

借金と言えば、クレジットカードやキャッシング、自動車ローンなど色々ありますが、通常人生で一番大きなものは住宅ローンでしょう。

日々倹約に励んでいる人でも、数千万円にもなる住宅をキャッシュで購入できる人は稀です。
借入額が大きいだけに、月々の返済額も多く、期間も数十年に及ぶのが普通です。

最近では35年ローンが当たり前になっていますが、これだけの長期間となると契約締結時と経済状況が変化する人も少なくありません。

リストラ、転職、病気などによる収入減や、子供の進学、事故などによる支出増・・・、35年後の自分の状況を正確に予見できる人などいないでしょう。

ですので、大丈夫と思った住宅ローンが払えないという事態も当然ありえるのです。

住宅ローンが払えないで滞納するとどうなる?

月々の支払いが滞っていると、金融機関から督促を受けることになります。
遅れながらでも支払いを継続できれば良いのですが、失業などで生活費も事欠く状態でまったく目途が付かない場合はどうなるのでしょうか?

金融機関が、支払いを減額するリスケジュール(返済計画の変更)の手続きを受け入れてくれなければ、自宅を売却することになります。
住宅ローンも借金ですので、返済できない以上は仕方ありません。

住宅ローンが払えない場合は?

ローンを滞納している自宅を売る場合、任意売却または競売ということになりますが、可能な限り任意売却で売るようにしましょう。

競売になると、相場の半額程度になってしまいますので、ローンの残額を少しでも圧縮するための、競売よりも高く売ることができる任意売却を選択しましょう。

不動産仲介会社の担当者次第ではありますが、任意売却であれば、売却額とは別に引っ越し代の交渉なども可能です。

自宅を手放したくなければ・・

せっかく購入した自宅をどうしても手放したくないという人もいると思います。
住宅ローン以外にも借金があり、それがなければ支払いを継続できるのであれば、弁護士に依頼して個人再生の手続きを行うのが良いでしょう。

クレジットやキャッシング等の借入額を、最大9割も減額することができます。
ただし、安定した収入を持った人が対象です。

参考:http://housingloandefault.web.fc2.com/

住宅ローンが払えない場合は金利を安くしましょう!

住宅ローンを組む時に私の場合は、年収を操作して実際の金額よりも多めに申告して、税務署に税金を納めました。
その時のツケがきたのか、最近、住宅ローンの支払いがとても重く、家計に圧し掛かってきています。
元々は高給取りではないので、今の家を買う時に無理をして買いました。

その時の、月々の返済額は11万円でした。
その他に電気、ガス、水道が入るので家計は本当に火の車、もう払えないと言う感じでした。

少しでも住宅ローンの返済を減らすために、借り換え住宅ローンを組む時に私の場合は、年収を操作して実際の金額よりも多めに申告して、税務署に税金を納めました。

その時のツケがきたのか、最近、住宅ローンの支払いがとても重く、家計に圧し掛かってきています。
元々は高給取りではないので、今の家を買う時に無理をして買いました。

その時の、月々の返済額は11万円でした。
その他に電気、ガス、水道が入るので家計は本当に火の車、もう払えないと言う感じでした。

少しでも住宅ローンの返済を減らすために、借り換えということを考えました。
借り換えをする時は、他行に借金を一括清算するわけですが、その時の手数料が100万円くらいしました。

手数料を見て、借り換えはしない方がいいかも、と思いましたね。
他行の借り換えの見積もりをしてから、今借りている銀行に金利を下げるように頼みに行きました。

結局は金利を下げてくれることになりましたが、金利が下がったということも驚きなのですが、銀行なんて信用できる物ではありませんね。
金利を下げてと言わなければ、下げるつもりもなければ、下げることもなかったでしょう。

住宅ローンを組む時は、年月を長くして、月々の金額を減らしていくことが大事です。
今のローンを考えると、もっと安い金額の家を探せば良かったなと思いますね。